当院の予防歯科

ご家庭ではできない、プロケア

日常のブラッシングは予防に重要な役割を果たしますが、どんなにきちんとブラッシングしたつもりでもどうしても取りきれないプラークは存在します。
そのまま放っておくと確実に虫歯や歯周病になってしまいますから、歯科医院でのプロケア「PMTC」を受け、定期的にプラークを除去することが大切です。

PMTC

PMTCとは、Professional Mechanical Tooth Cleaningの略で、歯科医師や歯科衛生士が専門機器を使って歯のすみずみまでプラークを除去するクリーニングです。
歯と歯の間、歯と歯ぐきの間など、ホームケアでは取りきれないプラークも除去できます。
仕上げにフッ素塗布を行って歯質強化します。

PMTCの効果

虫歯予防
プラークをすべて除去し、細菌がつくる膜「バイオフィルム」を破壊します。プラークを再び付着しにくくします。
歯周病予防・改善
歯肉縁下1~3mmの歯周ポケットのプラークまで除去できるため、歯周病予防と歯周病の症状の改善が期待できます。
着色除去・防止
茶渋やタバコのヤニなど、軽度の着色汚れの除去が可能です。汚れを落とした歯の表面に、光沢のある歯本来の美しさがよみがえります。
歯質強化
フッ素入りペーストでの研磨や仕上げのフッ素塗布により、歯の再石灰化を促し、歯の表面のエナメル質を強化します。

PMTCの流れ

清掃

専用機器でプラークを除去します。歯の裏側や、歯と歯が重なっているような細かい部分もすっきりキレイに!

研磨ペースト&研磨

研磨剤を使って、歯をすみずみまで磨きます。歯の表面がツルツルになり、プラークが再付着しづらくなります。

歯間のクリーニング

歯と歯の間をデンタルフロスで清掃し、洗浄します。

フッ素塗布

仕上げにフッ素を塗布します。歯質を強化し、虫歯予防や初期虫歯の再石灰化に効果を発揮します。

定期検診

一度予防処置(PMTCなど)を受けたからといって、予防効果が続くわけではありません。定期的に予防歯科を受診することに意味があるのです。

自覚症状が出る前に予防をしましょう

初期の虫歯や歯周病には自覚症状がありません。自覚症状が出た段階ではすでに悪化してしまっていることが多いため、治療が遅れると治療期間が長引き、最終的には抜歯することにもなりかねません。定期検診を受けることは、良い状態を維持していく意味合いのほか、万が一歯の病気にかかっても早期発見・早期治療ができるというメリットがあるのです。

個人に合った間隔での定期検診

歯の状態は人それぞれです。当院では患者様一人ひとりに合った期間を設けての定期検診をおすすめしています。「痛くなったら歯科医院へ行く」というのではなく、歯にダメージを与えないスパンで予防処置を受けることが、将来の健康へとつながるのです。