お子様の予防歯科

子どものための予防歯科とは

お子様のお口は、非常に虫歯になりやすい環境・状態にあります。
何でもしっかり噛めるお口は、こころとからだの健康への第一歩となります。
むし歯になってから治療を行うのではなく、お子様の口内環境をコントロールして、事前にむし歯を防ぐようにしましょう。

子どもがするべき予防歯科

正しいブラッシング

毎日のケアのために、まずは正しいブラッシングが重要です。
一人一人のお口の状態にあわせ、正しいブラッシンを覚えましょう。

フッ素塗布

食べ物を食べると、食べ物の中に含まれている糖分がお口の中で分解され、酸というものが作られます。
その酸によって歯の表面が溶かされて虫歯が作られます。
フッ素塗布は、歯の表面にフッ素を塗布する事で、歯の質を強くし、虫歯になりにくくする処理です。

シーラント

「シーラント」は奥歯のかみ合う面(咬合面)にできる虫歯の予防の方法です。
あらかじめ、虫歯になりやすい奥歯の溝を接着力のあるプラスチックで埋めてしまいます。
このプラスチックは虫歯を削ったとき詰めるものと同類のレジンという材料なので、きちんと埋めていれば虫歯にならないという考えで普及し始めました。

六歳臼歯に効果的です
生えかわったばかりの奥歯(6歳臼歯)は、複雑な溝を持つため、むし歯になりやすくなっています。
その溝をあらかじめ歯科用プラスチックで埋めることで、むし歯を予防します。
定期管理も行いましょう
シーラントがきりんるついているかの定期検診を受け、フッ素も活用することをおすすめします。

必ず虫歯にならないわけではありません!

シーラント・フッ素は予防処置です。
ですので、この2つを行ったからといって、必ず虫歯にならないというわけではありません。
保護者のみなさんで仕上げ磨きを行ったり、食生活の環境を改善、食べたらすぐに歯を磨くなど、家庭で予防に努める事が大切です。