歯周病と体の関わり

歯周病は全身に疾患を及ぼします

歯周病はお口の中でのみ、影響を及ぼす病気ではありません。
歯周病は、全身に疾患を及ぼす病気なのです。
また、生活習慣病ともいわれている歯周病は、日本の成人の約80%がかかっているというデータがあります。

歯周病が全身に及ぼす影響

  • 糖尿病
  • 心筋梗塞
  • 脳梗塞
  • 敗血症
  • 誤嚥性肺炎
  • 消化器系の疾患
  • 早産の可能性
  • 骨粗しょう症

糖尿病

歯周病は糖尿病の合併症の一つです。
歯周病は以前から、糖尿病の合併症の一つと言われてきました。実際、糖尿病の人は歯肉炎や歯周病にかかっている人が多いという疫学調査が複数報告されています。
さらに、歯周病になると糖尿病の症状が悪化するという逆の関係も明らかになり、相互に悪影響を及ぼしあっていると考えられるようになったきました。
歯周病治療で糖尿病も改善することも分かってきています。

心筋梗塞・狭心症

動脈硬化により心筋に血液を送る血管が狭くなったり、ふさがってしまい死に至ることもある病気です。
食生活や運動不足、ストレスなどの生活習慣以外に、歯周病原因菌の細菌感染が要因ともなりえます。
歯周病原因菌などの刺激により動脈硬化を誘導する物質が出て、血管内にプラークが出来、血液の流れを邪魔してしまうのです。
また、プラークが剥がれて血の塊ができると、その場で血管が詰まったりします。

脳梗塞

脳の血管のプラークが詰まったり、頸動脈や心臓から血の塊やプラークが飛んで来て脳血管が詰まったりします。
歯周病の人は、そうでない人に比べて3倍くらい脳梗塞になりやすいと言われています。

敗血症

敗血症とは、病原体によってい引き起こされた全身性炎症反応症候群です。
細菌感染症の全身に波及したものです。
細菌が血液に侵入する機会は意外と多く、歯周病原菌が大量に血液中に侵入すると菌血症をおこし、菌血症からさらに、血液中の細菌が増殖した場合には敗血症と呼び、血液が細菌だらけの状態といえます。
ショックた多臓器不全などから早晩死に至ることが多い疾病です。

誤嚥性肺炎

誤嚥性肺炎は、食べ物や異物を誤って気管や肺に飲み込んでしまうことで発症する病気です。
誤嚥性肺炎の原因となる細菌の多くは、歯周病菌だと言われています。
食べ物などと一緒にお口の中の細菌を飲み込み、その際むせたりすると細菌が気管から肺の中へ入ることがあるのです。

消化器系の疾患

胃炎や胃潰瘍、胃がんのリスク因子としてピロリ菌があげられることがありますが、歯周病原菌のカンピロバクターレクタスは、ピロリ菌と共通するさまざまな抗原をもっています。
ピロリ菌と、歯周ポケットのカンピロバクターレクタスの免疫反応やアレルギー反応が、疾患の発端となります。

早産の可能性

早産や低体重児出産などの出産トラブルを起こしやすくなります。
早産の主な原因の一つは歯周病のような慢性感染症です。
歯周病原菌が子宮内へ感染すると、歯周病原菌の内毒素などが胎児の成長を阻害、また、子宮を収縮させる可能性もあるのです。

骨粗しょう症

閉経後骨粗鬆症の場合、歯周病が進行しやすい原因として最も重要と考えられているのが、エストロゲンの欠乏です。
エストロゲンの分泌が少なくなると全身の骨がもろくなり、歯をささえる歯槽骨ももろくなります。
また、歯周ポケット内で炎症を起こす物質が作られ、歯周病の進行が早くなるのです。
多くの研究で、骨粗鬆症と歯の喪失とは関連性があると報告されています。

その他、様々な症状の原因と考えられています

がん
歯周病によりがんのリスクが高まる可能性があります
歯性病巣感染症
遠隔の臓器に二次疾患を起こすものです
  • ご家庭でのセルフケア
  • 歯周病セルフチェック
  • 歯科医院でしかできないプロフェッショナルケア